とある腐男子の憂鬱
ぺんたぶさんのblog「腐女子彼女」に触発されて書き始めたblogです。 僕とある腐男子とその彼女との日常および惚気話とヲタトークを中心に不定期更新ではありますが書き綴っていこうかと思う所存であります。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/01/16(火)   CATEGORY: 未分類
跡部様ハァハァ
すみません更新遅れました。。。まあいろいろとあって。
あるいい天気の日の話で。こんな日は家にこもって漫画でも読むのが一番というわけで早速T子宅へと向ったわけです。
なぜ自宅じゃなくT子宅なのかといいますと漫画の所有量がはんぱないんですよ。とりあえず読みたいと思ったものは全部そろってるんです。
T子よお前はいったいどれだけのお金をつぎ込んだのだ
そんな突込みを心の中に抱きつつT子宅へ到着
僕 「おじゃまします」
T子「ああ勝手に上がって、今いいとこだから。」
と鍵は開いているそうなので気にせず入ると玄関に誰もいない。
どうせ漫画を床にでも広げて読んでいるのだろう。とサイコさんのごとくT子の行動を予想しながら部屋へと向かう。
予想的中。それみたことか。T子は「テニスの王子様」をずらりと床に広げて自分の世界に入っていた。とりあえず僕も一巻からテニスの王子様を読み始めた。
やっぱり最初のころと絵の感じが違うな。とか思いながら読み進めていき。なんかいい雰囲気だなとか思いながらそれぞれの世界へと突入していった。そんなときである、T子が暴走を始めたのだ。
T子「ねえ、跡部様萌ハァハァ」
僕 「はっ?」
T子「だから跡部様萌でしょ。俺様キャラって萌えない?」
いきなりそんなフリされても。。。まあ確かに俺様キャラは萌えるんだけど
俺にどうしろと。と、対応に困りながらも一応同意する事にした。
僕 「うん。そうだね。でも俺的には俺様キャラは攻めなんでそこまでは」
T子「はっ、あんた頭おかしいんじゃないの?残念でした~俺様キャラは受けと相場が決まってるの。跡部様は総受けよ」
僕 「いや別に残念でもないんだけど」
ボフ×2
いきなりぬいぐるみ(リョウマ君)が飛んできた。その次は(クマさん!腐っても女の子なんだな~と改めて実感w)
T子「あんた少しは残念がりなさいよ」
僕 「なんで?」
T子「私がつまらないから」
僕 「。。。」
T子「。。。」
僕 「つまりT子はつまらないという理由で俺に物を投げつけた訳ですか」
なぜか敬語
T子「。。。うそです」
僕 「じゃあ何で?」
T子「被虐心がこう、ふつふつとね。。。なんというか。ほら、あれだよ好きな子ほど虐めたくなる思春期のチェリーボーイの心境だよ。お姉さんとしては童心に返ってみたくなったのよね」
なんかさらりとうれしい事言ってくれるじゃないか。てかあんた一個下だろ。何がお姉さんか思春期この前卒業したばっかりの高校生だ。それに女の子だろ。男の思春期体験されてたまるか!
と突っ込みどころ満載のところをこらえて冷静に。。。。。。
僕 「なら俺にも考えがある。」
とT子に覆いかぶさって。
だんだん近くなっていく顔。しかしくちびるが触れるはずの柔らかいものはそこにはなくて平面とキスをしていた。一瞬何が起きたのか分からずに距離を置いてみる。そこには。。。跡部様~~~;;
T子「間接ちゅ~。てへっ」
うわっ。なんか悪い気しね~。というかあんたコミックスの表紙とキスしてるのかよ。彼氏としては微妙な心境だが。まあ跡部様ならよしとしようなどと思ってしまう自分が末期だなと実感する。
僕 「ところで跡部受けとしてどんなカップリングなの?」
T子「うんとね。忍足攻め跡部受けとか。宍戸攻め跡部受けとか。とりあえず誰とでも要するにX×跡部=loveという恒等式が成り立つわけだ。」
僕 「まあ総受けなんだからそうでしょ。」
T子「つまんないな~男の子はもう少しこういうの抵抗みせてよ。真っ白な男をこっちに引っ張り込む楽しみがなくなるでしょ。」
僕 「そういっても腐ってからかれこれ六年だもん」
T子「そういえば。あんたヲタなのに普通のエロ本あんまり読まないよね、不健全だぞ~。お姉さんはとても悲しい。よし、こんど見繕ってきてあげる。」
だれがお姉さんか。
それにあなただけで十分です。なんて言おうものなら昼間からピンクな展開になりそうなので止めといて。
僕 「普通彼女は彼氏がエロ本読むの嫌がるもんじゃないの」
T子「どうせ相手は二次元でしょ。リアルで私を見ていたらいいの。」
なんと寛大な方でw
気がつくとまた漫画読んでる。と思ったら鋼の同人誌読み始めてるし。。。
今良いムードだったはずだけど。空間転移でもしちゃったか?デジョンでも使いましたっけ?まあいつもの事なので気にせずテニプリの続きを読む事にしましたとさ。めでたしめでたし


やっぱ樺地×跡部なんだけどな~ それに最萌は菊丸なんだけど。。。
訂正最萌えはT子です。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*8 ] page top
DATE: 2007/01/09(火)   CATEGORY: 未分類
まずは自己紹介から。
とある腐男子と申しますどうぞよろしくお願いします。
まず名前を見てわかるとおり腐男子です。そしてヲタです。
腐男子が何か分からない方のための説明
「腐女子なら聞いたことあるよ」という方、もしくは「私腐女子です」という方、その中身をそのまま男に移植したらあら不思議腐男子の出来上がりですw。「わからないよ」という心が白い方のために説明すると
要するに男と男の絡みを見て萌え死ぬことが出来る、そしてあらゆる物を攻めと受け(*1)に分けることが出来るというすばらしい能力を身に付けた新種族です。まあニュータイプ(*2)みたいなもんですよ(笑)

腐男子の解説はここら辺でおしまいにして僕の身辺についてです。
まず僕には彼女がいます。仮に名前をT子としておきましょう。

でもそれ腐女子なんですよね(半笑い)

しかもヲタ要素も含んでいるから、さあ大変。そして三度の飯よりヤオイ(*3)好き、まあ彼氏の贔屓目ですが可愛いんで良しとしましょう。
そして某blogにでてくる腐女子さん程ではないのですが言動がとんでもない。所謂テロリストです。そんなT子の非常識的なエピソードについてはまたの機会に。
(*1攻めと受け)
 攻め
優位にある側、あるいは「する」側。または挿入する側
 受け
非優位にある側、あるいは「される」側。または被挿入側
(*2ニュータイプ)
アニメ「ガンダム」シリーズにおける概念で新しい人類とされる人達をさすが、作品が進むにつれてニュータイプを意味する物が広がったあまり、はっきりとした定義は困難である。ニュータイプとされる人々は特異な能力を持っていることが多い。
(*3)
やおいとは、女性読者のために創作された、男性同性愛を題材にした漫画や小説などの俗称。特にポルノとして描かれた性描写のある作品、二次創作作品を指すことがある。
各部注はwikipediaより引用

これからはこんな腐男子と腐女子のバカップルの壮絶な日々を書き綴っていく所存ですのでよろしくお願いいたします。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
Copyright © とある腐男子の憂鬱. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。